トラッド

カリフォルニアからアラスカまでの西海岸に津波勧告が発令

太平洋での海底火山噴火後、北米の西海岸とハワイに津波勧告が出されました。

国立気象局(NWS)は、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン、ハワイ、ブリティッシュコロンビア、アラスカの沿岸地域に警告を発しました。

NWSは、津波が「今日、南カリフォルニアのすべてのビーチに大きくて危険な離岸流をもたらすだろう」とツイートしました。

「この沿岸地域にいる場合は、ビーチを離れ、港やマリーナから出てください」と、太平洋標準時の午前5.30時XNUMX分直前に発行されたNWSアドバイザリは述べています。

アドバイザリーのエリアは、広範囲にわたる浸水を期待するべきではないが、「最初の到着時刻から何時間も後に危険な一連の波」に直面する可能性があると述べた。

アドバイザリーはまた、「最初の波は最大ではないかもしれない」と述べた。

気象学者のクリストファー・ナンリーは、土曜日の朝、海岸による脆弱な場所の洪水が発生する可能性があるとツイートしました。

金曜日の夜、オーストラリア、ニュージーランド、トンガ、アメリカのサモア、フィジーで、その日のトンガのフンガトンガフンガハアパイ火山の最近の噴火に続いて、以前の津波警報が発令されました。

この話は発展しています。

ニューズウィーク

Cet article esttraduitの自動化。 N'hésitezpasànoussignalers'ilyadeserreurs。

ページのトップに戻るボタン
Fermer